読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーフハギャの雑多な体験記

30オーバー男の、子育てをメインにしながら、仕事やアトピーに関する体験や覚え書としてブログを始める。沢山の先人たちを参考にしながら四苦八苦書いていきます。

男から見た子育て しかも30半ば男

齢30も過ぎたころに初めて子供ができた。

 

この年になってくると涙もろくなっており、母子ともに無事に出産を終えたときは涙ちょちょぎれて嬉しかったのを覚えている。

 

前回の記事でアトピーで大変だったことを書いたが、それ以外? の普通の子育てについて記録も兼ねて書いてみる。

 

初めての子供は小さくお人形さんの様に小さかった。(まあ兄弟等で先に赤ちゃんが生まれていたので見てはいたが、自分の子供だと尚小さく、かわいく、もろく見える)

 

色々な本を見たりネットで子育てのことを調べて準備はしてきたが、生まれてきたのを見て、何でも大丈夫なのか調べながら生活した。(うんちの色が変わったり、鳴き声が変わったりしたりとか)

 

それでも一週間病院で過ごし、問題ないとのことで無事退院。病院からの帰り道も、車の運転をかつて無いほど安全に運転する。

 

無事に帰宅し、今までとは違う、赤ちゃんを迎えての自宅での生活が始まった。

 

やはり男と女では感じ方違うと思うのは、自分もとても生まれて嬉しいが、奥さんの方が遥かに嬉しさが強いように見える。”母性”と言う言葉が生まれるのが分かった。

 

出産とは関係ないが、生まれたばかりの赤ちゃんと夫婦の中で誰が大切かと言うと、データ的には、男は赤ちゃんより妻が大切に思い、女は夫より赤ちゃんを大切に思うとの事。

 

やはり出産時、もし母子ともに命に関わるような事があれば自分は奥さんを助ける行動を取ると思う。だが、奥さんは自分はどうなっても良いから赤ちゃんが無事に生まれてきてほしいと、何度も言っていた。男と女の違いはやはりあるのだろう。

 

少し脱線するが、自分は今介護の仕事をしている。将来的に役立つと思い始めた仕事だったが、介護の仕事をしていたおかげで、子供のオムツ交換や着替え、食事を食べさせたり、爪を切ったり等、特に不安なく行えている。介護の仕事が、思ってもみない役立ち方をしたと思った。

 

もし介護の仕事をする前の自分が子育てをしていたら、オムツ交換や着替えのやり方もあまり良く分からず、四苦八苦していたことは言うに及ばない。

 

自分もアトピーがあるため、アトピーの状態が悪い時は子供の相手やオムツ交換等をするのが大変だが、それはまた別のお話。

 

全員ではないと思うが、やはり赤ちゃんが生まれると、夫はそのまま仕事をするが、奥さんはしばらくは仕事をせず育児に専念すると思う。我が家もそうだ。

 

男の視点からすると、子供が大事なのは当たり前だが、仕事が終わった後の疲れている時や、休日はゆっくり過ごしたいと思うことが多いと思う。(子供と一緒にいたくないことは無い)

 

奥さんからすると、自分はいつも子供と一緒にいるから、たまの夫の休日は子供の相手をしてもらいたいと思う。そこで奥さんは休めるし、子供と触れ合うことも出来るし、絶対に良いと思う。

 

ただ、夫も上記の気持ちがあるのだ。そこの部分が抜けている奥さんが多いと思う(違ったらごめんなさい笑)

 

奥さんは休めるが、夫は休める時間が無くなってしまう。そのため、夫はフラストレーションが溜まると思われる。ここの部分は絶対に埋まらない心の空間だと思われる。(自分の所感です笑)

 

自分は30も過ぎていたので遊びたい気持ちは落ち着いていたし、介護の仕事のおかげで子供の相手や世話もあまり苦にならなかったが、若い人なら子供抜きでどっかに遊びに行きたいと思うことがあると思う。(自分が20代前半だったら絶対にそうだった)

 

子育てを巡る夫婦のトラブルも、子供が生まれたら”あるある”と思うようになった。

 

だから、自分は遊び心が少し落ち着いた30過ぎに子供ができて良かったと思った。(30半ば男の視点です。勿論若い時に生んだ時にもメリットはたくさんある)

 

……見返してみて、子育てにはあまり触れていなかったことに気が付いた。笑

 

まあまた今度、子育てで四苦八苦したことを記録的にも書いてみようと思います。男からみた子育てというか、本当に単純な子育ての日記になると思いますが。笑

アトピー 赤ちゃん 3

リンデロン(ステロイド)を塗布し、酷いアトピーの湿疹からは脱出し、特に言われなければアトピーで肌が弱い赤ちゃんには見えないくらいまで綺麗になりました。

 

他の赤ちゃんを見てツルツルスベスベの肌の赤ちゃんばかりで、可哀想だと思っていたところからは良くなり、少しは安心して生活していました。

 

ただ、あくまで定期的にリンデロンを塗り抑えていればの話。やはりリンデロンが無くなり、プロペトやヒルドイドとの混合だけを塗っていると、少しずつ赤くなり、掻き毟り肌はボコボコになってしまいます。(以前の重傷アトピーほどにはなりませんが)

 

結局、リンデロンが無くなると処方してもらい、酷くなるとリンデロンを塗る生活が続きます。

 

成長すると内臓等の機能が強くなり、アトピーが無くなる。ということを信じて育てていくしかありません。

 

ステロイドの副作用もあるが、乳児期にアトピー等のアレルギーは抑えていた方が治りやすい(重症のまま過ごすと、体がアレルギー反応を強く起こすから成長してもアレルギーが強く残る)、そのデータを信じて酷くなったらリンデロンを塗る生活を続けていきます。

 

小さいので、お風呂で遊ぶのが好きで、お風呂からなかなか出てくれないことが多く、楽しんで遊んでいるのは良いが、無意識に体をボリボリ掻いてしまうため、お風呂の時間に酷くなることが多く、遊ばせてあげたいが皮膚は酷くなるの繰り返しのジレンマに悩まされます。

 

ステロイド以外に良いものはないかと調べ、痒み止めになる”ハッカ油”や、炎症や皮膚の再生に良いとのことで”ラベンダー”や、”ユーカリ”の精油をプロペトに少量混ぜて塗っていました。

 

ステロイドの様な急激に皮膚が良くはならないが、プロペトだけよりは少し赤みが収まったり、痒みが軽減しているように見える。(感覚的にいつもよりは良いかな? と多少思うくらい)

 

それでもステロイドの量が減ればと精油を混ぜたプロペトを塗って様子を見ていた。

 

結局、リンデロンの量は体感できるほど減ったかは不明。

 

その後も他に何か良いものが無いか調べていると、精油は、成分が濃縮されているため、乳幼児には使用させないでください。という旨の記事を発見。

 

他にも探してみると、似たようなことが書いてある記事を多数発見する。

 

さらに”ユーカリ”は毒性を持っているので乳幼児には特に使わない方が良いと書いてある記事も多数見つける。

 

「マジで?」

 

劇的な効果もあったわけではないため、混ぜてある精油とプロペトは自分用に使い、子供には病院で処方されたステロイドとヒルドイドの混合、プロペトのみの使用に戻す。

 

いつまで経ってもリンデロンで抑え、ヒルドイドの混合とプロペトを普段は塗布し、酷くなったらまたリンデロンの生活を続ける。

 

冬だから特に乾燥して酷いこともあるため、保湿をやはり見直そうか考える。(リンデロンとの混合でヒルドイドは出ているが)

 

アトピーはやはりセラミド不足。大人も乳幼児も変わらない。

 

そして、以前自分もやり、肌の調子の良い時はなかなか良かった”精製水+グリセリン”の簡単な自作の化粧水のことを思い出す。

 

自分も調子が良くなったり悪くなったりで、かなり調子が良くなった時にそのままやめてしまい忘れていたが、リンデロンで抑えている時なら保湿に有効では? と思いネットで調べてみる。

 

精製水とグリセリンだけだと刺激も少なく有効な記事も多く、また、ヒルドイドにはセラミドのような保湿の成分は入っていないためヒルドイドは優秀だが、他にセラミドの成分が入った化粧水との併用が有効との記事も何個か見つける。

 

すぐに精製水とグリセリンセラミドを買い、混ぜて簡単な化粧水を作った。

 

それで保湿を行い、蓋の役目でプロペトが良いとのことで、自作の化粧水+プロペトを朝晩塗布すると、驚くほど綺麗になり、痒みも激減したように見える。(お風呂中に掻くことが明らかに減った)

 

リンデロンを塗る回数も激減し、赤みが出たところにはヒルドイドとの混合だけで抑えられることが多くなった(混合にもリンデロンは入っているから使用はまだしている)

 

ただ、今までに比べ明らかに症状は良くなっている。

 

毎日塗るのは他の子供に比べ大変だが、それでも痒くて寝れないようなことも見られなくなったので嬉しい限りだ。

 

自作の化粧水に、+ヒアルロン酸アロエベラの粉を混ぜたりして最近は試している。←現在ここ笑

 

成長してどこまでアトピーが治るかは分からないが、保湿の効果が改めて分かったので、色々化粧水を試して、効果や分量などを今後は忘れないようにブログに書き留めていこうと思う。

 

ただ、これは上の子の話。下の子はまだ酷い状態で、リンデロンに上の子で良かった自作の化粧水で良くなることを祈っている最中です。

 

また、下の子の経過や化粧水何が良かったかなど今後記録として書いていきます。

 

ひとまず長くなったので今回で終了です。たぶん笑

アトピー 赤ちゃん 2

ある時、予防接種を受けにいった時のその時初めての小児科の先生が、アトピーの子供もけっこう見ている先生だったらしく気にしてみてくれた。

子供の湿疹はかなり酷く、掻き毟って髪の毛も減っており、背中の湿疹もぼこぼこに赤くなっていた。(ネットで重傷アトピーの子供で検索すると出てくるような酷さだった)

 

予防接種もしてくれたが、アトピーが酷い方が大変だと心配してくれ、今塗っている薬の話等をした「赤ちゃんなら、リンデロンを多めに塗れば湿疹は良くなるから、騙されたと思って塗ってみてほしい」とリンデロンを処方してもらう。(リンデロンは五段階の3番目に強さ。キンダベートは4番目の強さ)。

 

塗る量も、一円玉くらいの量で約10平方センチくらいの量を全身に塗って何日か塗ってみてとのこと。

 

漢方よりも、まずはシンプルにステロイドで強く抑えた方が良いからとのこと。他にもお尻の赤みには亜鉛化軟膏よりもマイルドだからとアズノールを処方してくれて様子をみるとのこと。

 

自分がステロイドで治っていないため悩んだが、今の子供の様子を見ると可哀想で、ステロイドでまずは抑えてみようと、指示通りの大量にステロイドを塗る。

 

今までよりも強いステロイドのため、塗って3日ほどで赤みはかなり引いて綺麗な肌色になった。(お尻の赤みは、湿疹もあったため、アズノールでは変わらずリンデロン塗布にて綺麗になった)

 

あとは、リバウンドしてアトピーの湿疹が戻らないで肌色のままでいてくれること祈りながら、一緒に処方されたヒルロイドとリンデロンやロコイドの混合の軟膏や、プロペトを塗りながら様子を見ていく。

 

やはり、良くなったり悪くなったりで湿疹が出たり良くなったりだが、以前のような酷い湿疹にはならず、周りの人が見てもちょっと肌が弱いのかな? くらいの状態は保てていた。

 

プロペトをベタベタ塗りながら、リンデロンが無くなったら処方してもらい、酷くなった時はリンデロンを塗りながら暫く様子を見ていました。

 

まだ続きます。笑

アトピー 赤ちゃん 1

物心ついて時から自分はアトピーと診断されて、病院で言われるまま薬を飲み、軟膏(ステロイド)をつけ過ごしてきた。

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、治る気配はなく30代半ばを迎えている。(20代になってからは、ネットや本等で色々調べて色々試したが)

 

子供が生まれ、とても嬉しい気持ちでいっぱいだったが、アトピーの不安もあった。

やはり、生まれて一か月ほどして湿疹が強く出てきた。

 

ネットで様々な湿疹の写真を見るも、赤ちゃん特有の黄色い脂漏性湿疹ではなく、赤ちゃんのアトピーの赤い湿疹と同じ感じだった。

 

一か月検診にて、小児科の先生に湿疹が酷いため、ステロイド(キンダベートやアルメタ)と、お尻の湿疹に亜鉛化軟膏を処方された。

 

「薬を毎日塗って、一週間後に様子を見せに来てください」

 

と先生に言われて次回見せることで終わった。

 

正直、自分も長年アトピーで皮膚炎が続いているため、「これだけ出た湿疹がこの弱めのステロイドで一週間で治るわけないじゃん」と思ったが、赤ちゃんに塗ったことはないので、どれだけ利くのかわからず従った。

 

赤ちゃんのため、副作用がとても怖かったが、一週間は塗ってみた。多少は薄くなったが、それ以上は良くなる気配はなし。

 

先生に見せるも、「では、また一週間塗って様子を見せに来てください」

 

以降3週間ほど繰り返し。湿疹は特に変わらず。

 

田舎のため、病院が近くではなく、一時間ほど車で行くため、首の座っていない赤ちゃんを毎週連れて行くのも怖く、途中でやめてしまった。

 

先生は「3ヶ月はステロイド塗っても大丈夫」と言われるが(たしかにステロイドの本等にも副腎の副作用は3ヶ月ほどの使用では影響ないと書かれている)、長年アトピーが治らない自分を見て、3ヶ月で済むのか? との思いもあり行くのをやめてしまった。


途中で別の病院で漢方もだしてもらったが(名前忘れた汗)あまり効き目は感じられず、(そもそも苦いため、ほとんど赤ちゃんは飲んでくれなかった)

 

半年くらい、病院でもらって余っていたキンダベートや、抗炎症作用に良いと聞いたラベンダーをワセリンに混ぜて塗ったりしていたが、改善はしなく、湿疹は悪化していくばかりで、生まれて半年くらいの間、頭から足まで酷い湿疹で掻き毟り血をだし、可哀想な時期を過ごさせてしまっていた。

 

ただ、この後から薬を変え、少し改善していきます。次回に続く。笑

ブログ

 

さて、一応子育てを頑張っているので、それのことを書いていこうと思うが、何から書こうか悩みまくっている。

面白いことがあったりしたら日記としても書いていこうと思うが、特に何もないことが多いので、大変だったこととか、色々試したこととかを記録として書いていこうと思う。

まず自分の中で一番やっかいなのがアトピー。奥さんは無いが、子供二人が見事にアトピー気質を遺伝してしまっているようだ。(ちなみに自分は30代半ば、子供二人はまだ乳幼児)

子育ての中に、このアトピー・アレルギーが付きまとうのでこれが大変なので、アトピーを治すために色々試したこと、アトピー・アレルギーの子供を育てていくことを自分の中で忘れないようにブログに書いていくことにしようと決めた!

もしかしたらポジティブなことを書いていけば、他にもアトピーの子供を育てている人に、少しでも辛いのは自分だけではないという事が伝わって気休めになってくれるかも知れない。(ならないかも知れないが笑)

まあ自分も色々な人のアトピー・アレルギーの人の事を参考にしながら生きてきたので、少しでも自分はこうしてきたってのを出すってことで!

次回からはちゃんと中身のある体験談を書いていくぞ!笑

初(右も左もわからず)

30代半ばにして新しくブログを始めてみました

 

自分の今までの体験したことや、これからやっていくことの日記や記録として書いていきたいと思います。

 

ちびっこ二人の子育てに奮闘しているのでその体験記や、親子でアトピー気質なのでその闘いを記録として書いていきたいと思います。

 

その他にも色々息抜きに好きなアニメのこととかも思い出に書いたりしようと思ったので雑多ブログとしてほそぼそと頑張っていく!

 

まずはどんな風に表示されるのかも分からないのでこの辺で終了!

見やすさとか追求しながらこれから頑張って書いていくぞ~!(三日坊主にならないように笑)